山口市

瑠璃光寺

場所的には、山口県庁前から軽く登って5分〜10分位です。 もともと大内氏全盛時、25代義弘がこの地に香積寺を建立し、26代弟の盛見が義弘の弟菩提を弔うために五重塔が建立されました。その後、関ヶ原合戦後毛利輝元が香積寺を萩に移築し、仁保から瑠璃光寺を移築したそうです。

・五重塔

瑠璃光寺の奈良の法隆寺、京都の醍醐寺の五重塔とともに日本三名塔の一つです。

f:id:hitoshim5617:20160331214422j:plain

・中門

関東圏にはなじみのうすい、ひやしあめとか売ってました。

f:id:hitoshim5617:20160331214420j:plain

・本堂

f:id:hitoshim5617:20160331214423j:plain

池と木々と五重塔、すごく絵になってますね。

f:id:hitoshim5617:20160331214419j:plain

・大内弘世の像

大内弘世は室町時代に周防、長門を平定し、北朝側から守護に任じらました。

f:id:hitoshim5617:20160331214421j:plain

 

大内氏の研究

大内氏の研究

 

 

関連記事

  1. 山口市

    旧山口県議会議事堂

    旧山口県議会議事堂、大正2年(1913年)に着工し、大正5年(1916…

  2. 山口市

    旧山口藩庁門

    萩を出発し山口駅へと移動します。 ルートは萩バスセンターからバスで一度…

  3. 山口県

    萩旅行記 がんこ庵

    午後には山口駅へ移動する予定でしたので、若干時間があったため昼飯をどこ…

最近の記事

PAGE TOP